ビフォーアフターをカメラで撮影しておけばよかった

掃除と断捨離、そしてエクササイズとダイエットは、同時進行がいいらしいです。

断捨離は部屋から余分な荷物を捨てていくもの。

ダイエットは、カラダについた余分な脂肪を捨てていくもの。

だそうです。

断捨離にしても、こんまりさんのときめき片付けにしても、カレン・キングストンのガラクタクリアリングでも、ミニマリストでも、モノを捨てると、自然に体重が減った、ということが報告されています。本当でしょうか?

私も断舎離して10日が経ちますが、いまのところ、食べ過ぎても体重が増えないという程度で、減った感覚はありません。

それでも、服は徐々にゆるくなってきているので、効果はあったのかもしれませんが。。。

前は入らなかった服が、入るようになりました。とてもほっとしました。

断舎離したことで、掃除にかけられる時間が増えて、部屋が綺麗になると同時に

私自身の余分な脂肪も、落ちてくれるといいのですけれど。

私の場合、体に余分な脂肪がつきすぎです。

明らかに、食べ過ぎです。

部屋も同じです。部屋が散らかっていたのは、明らかに物が多すぎです。

それを減らして、掃除しやすいように工夫しました。

その結果、断捨離をすることができました。

ビフォーアフターをカメラに収めておけばよかったです。

それくらい変わりました。

体型も今後やせることを期待してビフォーを撮影しておこうかな…

ところで、断捨離は、快適さを手に入れる手段であって、目的ではありません。

断捨離は、快適な生活を送るための手段です。

ただ捨てることが目的になってしまっては、いけないのだと思います。

ダイエットも、健康で長生きするためにやるのであって、体重の数字を減らすことが

目的化していてはいけないのだと感じました。

断捨離とダイエットは、似ています。

過去と向き合い、今、快適なものだけを取り入れる。

かっちゃダメなもの、食べちゃダメなものもなし。

ほどほどに、食べること。ほどほどに、買うこと。

そして、捨てること。

私には捨てられないものがあります。部屋においている衣装ケースです。

中身は、1年以上、使っていません。

でも、来年こそ使うかも、と思って、捨てられないでいます。

それが目に入る度、働いていた頃を思い出すのです。

それが、いいことなのか、悪いことなのか・・・
かつては、2000円の洋服でも、買い物は楽しかったです。

私は思い切って、あの衣装ケースを捨てるべき時が来ているのかもしれませんね。