sigma DP2の思い出

もう今では売ってしまいましたが、以前sigma DP2を持っていました。
名機だったと思います。
ISOを400~800ぐらいまでにあげてしまうと「?」という感じでしたが、iso50~200ぐらいまでの画質、つまり明るいところで撮った画質は非常に素晴らしく、画質も素晴らしいが「濃い」独特な質感の「色」も素晴らしかったです。
いつかテレビでタモリが「今のデジタルはデジタルの「薄い」色になってて、どうもだめだよね」みたいなことを言っていて、共演者が「フィルムって色が濃いんですか?」と聞いていたことを見たことがあります。
isoは気軽に上げられないし、手ぶれ補正とかもついていなかったから、何でもかんでもオートで撮れるようなカメラではなかったですが、買ってからずっと撮った写真をパソコンで見るたびに感動というか、写真を撮る喜びがありました。
シンプルなカメラの外観も好きでした。
現在発売されている新型……sigmaの新型コンパクトカメラは、よく調べていないのですが、DP2より後に出た、最近の新型も買って写真を撮ったら楽しいだろうなあ、と思います。
sigmaの新型の写りとかは全然知らないのですが、私のsigmaへの信頼は厚いので、「sigmaだったらいいのが撮れるだろう、いつか買いたいな」という感じです。
sigmaの新型というだけでも安心するぐらいには私はsigma DP2が好きでした。